シングルベッド 輸送

シングルベッドを格安で簡単に輸送する方法

シングルベッド 引越し 料金

シングルベッド 引越し 見積もり

シングルベッド 引越し 価格

シングルベッド 引越し 費用

シングルベッド 引越し 最安値

 

シングルベッドといえども、最近のベッドは結構重くて大きいですね。

 

引越し業者は、ベッドをわざわざ分解して輸送するのをご存知ですか?

 

この作業、素人では大変な重労働になります。

 

できるだけ格安な引越し業者を探したいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

シングルベッド 引越し

 

一度の情報入力で、いくつかの引越し業者からまとめて見積もりを取ることが出来ます。

 

相場はもちろん、1番安い業者も簡単に見つけることができますよ。

 

シングルベッド1つだけを運んでもらうのに、わざわざ引越し業者に依頼するのは気がひける・・・。
そう思うかもしれませんが、引越し業者は大きな家財だけを運ぶサービスもしています。

 

1階から2階に運んでほしいなど家具の移動だけを依頼をする人もいますので、お気軽に見積もりを取ってくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越しの繁忙期

 

引越しの時期

 

引越し会社には繁忙期があります。

 

1年で一番引越し業者が忙しい時期、それは3月です。
3月の繁忙期には引越し業者はスタッフを増員したり、多めに仕事をして何とかこなそうとします。
しかしそれでも引越しの件数が多すぎる場合は予約を断ることもあります。

 

そんな時期ですから、通常期に比べて繁忙期は引越しの料金が当然高めに設定されています。
シングルベッドだけを運びたい場合もそうです。
もし時期にこだわらないのであれば、繁忙期の引越しは避けましょう。

 

それでも繁忙期に引越ししなければならないのであれば、早めに引越し準備を行いましょう。

 

早めに見積もりを取ることで多くの引越し業者からの返事が期待できます。

 

しかしよくやるミスは見積もりだけ取って満足し、いざ契約しようと思ったら予約が埋まっていたというものです。
そんなことの無いようにしたいですね。

 

 

引越し料金の仕組み

 

引越し 費用 仕組み

 

引越し料金は人件費、交通費、オプション代などの合計金額であり、一つとして同じ条件の引越しはありませんからすべての引越し作業がカスタマイズになります。
つまり定額制に出来ないのです。

 

引越し料金は運びたい荷物が多いほど高くなります。
荷物の量が多いほどそれだけ多くのスタッフが必要になりますし、運び入れや運びだしまでの時間もかかり人件費がかさみます。

 

それにより大きなトラックが必要となり、それだけ多くのガソリン代がかかるため交通費もあがります。
引越し料金を安くしたいのであれば、できるだけ引越しの前に荷物の量を減らしましょう。

 

不要品はネットで直接売りに出したりすることも出来ますが、売れるまでには多少時間がかかりますし配送手配も必要ですから早めに動きましょう。

 

自分でこまめに売りに出すのが面倒なら、リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。
しかし引き取ってくれる家電は5年以下のもので、それを超えると買取りはかなり難しいです。
あとは欲しい人にあげる、思い切って捨てるなどの方法で不要品をへらしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越し費用を少しでも安くする方法

 

引越し費用安く

 

引っ越しの費用は結構高額になるので、少しでも安くなるならその方法を知っておきたいと思いませんか?

 

引っ越し費用は運ぶ荷物の量に比例して高くなりますので、料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。
新居でゆっくり分別・・・というのはとても無駄が多い選択なのです。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。

 

可能であればこの時期は避けたほうがいいです。シングルベッドのみを運ぶときもそうです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、新居が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って一番条件の良い業者と契約してしまいましょう。 

 

準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向がありますので、早めに準備を始めましょう。

 

同様に土日祝日は仕事を休まなくてもいいという理由で、引っ越し希望者が多く平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

時間で言えば引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば時間が定まらない分割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越し大まかな順番

 

引越し大まかな順番

 

引越しはすることが多くて途中でウンザリすることも多いですが、あらかじめ大まかな手順を知っておくと便利です。
時期によってすることがありますので、まずは一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ並べてもすることがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者選びですが、これは新居が決まっていないと正確に見積もりが出来ません。
新居のエレベーターがあるのかないのか、4階の引越しなら重要な問題です。
ですから新居が決定したらすぐに引越し業者一括見積もりをして、一番良いと思う引越し業者をおさえておきましょう。

 

さて次は不用品の処分です。
不用品を新居に持って行く費用は実に勿体ないです。
新居でゆっくり分別したい気もわかりますが、結局捨てることになるのなら先に行いましょう。
売ったり、あげたり、捨てたり断捨離するにも時間がかかりますので、早めに動きましょう。

 

もし市外引越しなら引越しの2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は「転出届」を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みませんし、出し忘れるといろいろと面倒です。
役所に行ったなら、国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

そして電気・ガス・水道などのインフラ設備は、引越し日までの費用を日割りで精算してもらえます。
各会社に電話連絡をして引越し日をお伝えください。手続きの方法を教えてくれます。
もし市内引越しなら、同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるように手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのはとても困りますね。
最寄りに郵便局で「転送届」を提出しておけば、1年間は新居に転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日は荷物の配送は引越し業者に任せて、家具や家電の配置などを指示してください。
ただ貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分管理で運んだほうが安心です。
引越し業者もミスはしますので、うっかり破損することもありますから大事なものは自分で持っておきましょう。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら「転居届」を、市内引越しなら「転居届」を提出します。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
後回しにするとうっかり忘れてしまうので、早めに行ってください。

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

シングルベッド 引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計です。。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設は素人には出来ませんので、専門業者に依頼しなければなりません。
コンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているからです。

 

しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、もちろん新居にも持って行きたいと思いますよね。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんが、東京から九州まで1人で運ばなければならない場合もあります。
時間に余裕があって、体力や運転技術に自信がないと1人で長距離を運転することはできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありませんし、高級な楽器ですので小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

シングルベッドをレンタカーで運ぶ

 

レンタカー シングルベッド

 

シングルベッドをレンタカーで運んだら費用が安く済むのでは?と思うかもしれません。
実際どうなのかシミュレーションしてみました。

 

普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、軽トラックか1tトラックか1.5tトラックのいずれかになります。
これらのトラックを1日借りると700〜10000円程度かかります。
そして返却時にガソリンを満タンにしなければならないのでガソリン代もかかります。

 

ということは1日でトラックへの運び出し・輸送・運び入れまでできる距離の配送先でなければ、あまりお得感がないです。
レンタカーで自分で運ぶなら近距離の場合がオススメです。

 

シングルベッドは大きいので引越し業者は一度分解して運びます。
しかしレンタカーでベッドだけを運ぶ場合は、そのまま載せられるサイズのトラックで運ぶことができますね。
問題は家の廊下や階段、玄関を通れるかどうかです。通らない場合はやはり分解作業が必要です。

 

ベッドの運搬は一人ではできませんので、手伝ってくれる人が必要です。

 

 

 

 

シングル ベッド 運ぶ 冷蔵庫 クレーン 搬入