引越し 六曜

引越しと六曜

引越し 六曜

 

引越し日を決める時に「縁起の良い日」というのを意識しますか?
日本では日取りを決める際に縁起かつぎという考え方があり、引越しにもそれがあるのです。

 

例えば、日本では冠婚葬祭の時に「六曜」という暦を見ながら日取りを決める習慣があります。
六曜については特に学校で習ったりもしないので、実はあまり詳しくない大人の方も多いです。

 

しかし六曜というものは一般常識として、これからも何度か出てくることと思いますから、それぞれの意味を確認しておきましょう。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

結婚式は大安か友引に行うのがめでたいとされており、このどちらかに行う人が多いです。
大安の土日祝日は人気があるため、半年や1年先まで予約が入るのは普通です。

 

逆にお葬式は友を引くので縁起が悪いとされており、友引を避けることとなっています。

 

では引越しはどうでしょう。

 

引越しを行うのに人気があるのは、やはり大安です。
しかし仏滅以外であれば大丈夫という人も多くいます。

 

逆に考える方もいて、引越し費用の割引が高い仏滅をあえて狙うという人もいます。
考え方は人それぞれで面白いですね。