シングルベッド ダブル家賃

引越しでダブル家賃を回避する方法

引越し ダブル家賃

 

引越し日を月末に設定する人はとても多いです。
それは意図的であり、家賃が2ヶ所発生しないようにしたいための策なのです。

 

旧居と新居、2ヶ所分の家賃が同じ月になると支払いはキツイですし、何よりも勿体無いですよね。
ダブル家賃の発生を抑える方法を考えてみましょう。

 

引越しをすることが決まったなら、まず大家さんや管理会社に電話をして退去の意向を示しましょう。
入居時に「退去の際は○ヶ月前に申告すること」という決まりがあるので、それより短いと家賃を請求されても文句が言えないからです。
物件のオーナーも急に退去されると家賃収入がなくなるので、早めに次の入居者を探す手配を始めたいのです。

 

さて新居を探しを始めますが、2ヶ所の家賃が被らないようするために建設中の新築を探すという方法もあります。
ただしこれは、引越し日までに新居物件が完成しなければ入居できないというかなり厳しい条件でもあります。

 

次に1ヶ月フリーレントという「最初の1ヶ月は家賃がタダ」という物件を狙う方法です。
しかしこれも自分の住みたいエリアに絶対にあるとは限りません。

 

一番出来る可能性があるのは、新居物件を管理している不動産会社に相談して、初月の家賃を日割り精算にしてもらう方法です。
物件のオーナーさんも長く空き物件にするのは嫌なので、時と場合によっては交渉に応じてくれることもあります。
ダメ元で交渉してみてくださいね。