引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道路幅

 

引越しで使うトラックの大きさは様々です。

 

どんな大きさのトラックを使うかは運ぶ荷物の量にもよりますが、小さいトラックのほうが大きいトラックより経費が安く済むので大きければいいというわけでもないのです。

 

だからといって、荷物の量に比べて小さいトラックだった場合、荷物がすべて入り切らないなんてトラブルも。
そうなると追加料金が発生して意味がないので、トラックの大きさはちょうどいいサイズのものが必要です。

 

ただトラックの大きさが決まっても、物件に面する道路の幅によっては使用できないことがあります。
トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

引越しの荷物が多い場合はもちろん大きなトラックを使いますが、物件に面する道路の幅が狭い時は使用できません。

 

そうなると離れた場所にトラックを停めてリアカーで往復するか、小さなトラックを複数台用意するなどの対策が必要になります。